タグ: 資金調達 (page 1 of 1)

デット・ファイナンスとは?

デット・ファイナンスとは、金融機関や投資家からお金を借りる資金調達方法です。

「株式」を発行するエクイティファイナンスとは異なり、株主が増加しないという特徴があります。

日本では、経営者よりも株主の方が強い立場になるケースがほとんどなので、株主が増加すると経営方針に大きな影響が及ぶことがあります。しかし、デット・ファイナンスであれば株主が増加しないので、これまでと同じような経営を続けることが可能です。

また、税金の影響を受けずに資金調達できるというメリットもあります。
貸借対照表における資本金が増えると税金に影響が出る可能性がありますが、この資金調達法であれば資本金は増えないので税金の影響を気にする必要はありません。加えて、利息に関しても損金として扱うことが可能です。

一方で、この資金調達法は返済義務が生じるというデメリットがあります。仮に、返済が滞った場合は企業の信用度が著しく低下する恐れがあるとともに、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうと、その後は何処からも融資が受けられなくなる可能性があります。

また、問題なく返済していたとしても、この方法で資金を調達し続けていると自己資本比率が低下していくため、将来融資が受けにくくなる可能性が高くなることを念頭に置いておきましょう。

エクイティ・ファイナンスとは?

エクイティ・ファイナンスとは、新株を発行することで資金を調達する方法のことを指します。

「借金・負債」での資金調達ではないので、返済義務が発生しません。

返済する必要がないので利息を支払う必要もなく、必要な資金をしっかりと確保できるというメリットがあります。加えて、自己資本比率の低下や融資が受けにくくなるといったデットファイナンスのデメリットを心配することなく資金を調達することが可能です。

一方で、新たな株式を発行するエクイティ・ファイナンスで資金を調達すると、株主が増えるので経営方針に影響が及ぶ可能性があります。

また、株式の発行数が増えることにより一株あたりの価値が低下するので、既存株主へ十分な説明を行って理解を得ておかなければなりません。加えて、手続きが複雑な資金調達法なので、早急に資金を確保しなければいけないケースには不向きというデメリットもあります。

さらに、この方法で資金調達すると貸借対照表における資本金が増加するので、税金対策をしなければいけません。ただし、自己資本率が向上することで、他社や銀行などからの評価が高まるとともに、その後の融資に好影響をもたらす可能性があるという側面もあります。

事業計画を作って銀行などの金融機関にお金を借りる相談

どれくらいの貸し借りができるのか

金融機関から資金調達をする場合、事業計画書を提出して、その審査結果しだいになります。

その金融機関ではなく個人からお金を集めることをクラウドファンディングと呼ばれており、いわゆる「投資型」と言ったものもあります。
投資した金額に対し、その見返り分の利益率が大きいほどいいのです。またサービスや商品の場合もあります。

当然赤字になっていまうと、資金調達はできません。個人や金融機関からお金を借りるわけですから、それなりの利益が出ないといけません。事業計画を立てる
金融機関ではお金を借りる金額は最高1千万くらいと言われており、金融機関によって様々です。
事業内容にもよりますので、内容の信頼性が高いほど調達しやすくなります。

金融機関からお金を借りる前に、入念な計画書を作っていかなければなりません。
期限内に返済が可能なのか、借りた金額で事業を起こすことができるかなどです。
計画書に不備があれば作り直しになり、場合によってはお金を借りることができなくなります。

金融機関関係者から作成書類のアドバイスをもらうという手もあります。
提出する前にアドバイスできるような人から見てもらったほうが安心です。また事業実績も報告義務ですので事業が安定しているといったことも大切です。

しっかりとした書類を目指すことが何よりも大切なのです。

金融機関からお金を借りる場合の利息について

金融機関からお金の調達が可能になった場合、利息がつきものです。

その利息については金融機関で様々ですから前もってどのくらいになるのかを調べておいたほうがいいです。
クレジット会社のように高い利息になっていないことは確かです。予算

最近は金融緩和もあり、利息が下がっていますので、お金を借りる側にとっては有利になっています。住宅ローンもかなり下がっていますので、今が借り入れどきでもあります。
ただし返済ができなかったり、期限内に返済分が不足していれば、返済分に高額な利息が上乗せされますから注意が必要です。

このような上乗せ料金は前もって書面で説明がありますので、しっかり目を通しておくことが肝心です。資金を調達することで事業などを拡大し、企業の売り上げが上がれば、従業員には給料が上がります。
会社や国にとっても税収が見込まれますからいいのです。

しっかり事業を起こすことが金融機関も望んでいますので、計画通りにおこなっていきましょう。
生活の基盤をスムーズに動かすのは一人ひとりの経済活性化です。
そのことで社会全体が潤い、好景気をもたらしていきます。
計画書を入念にチェックしていきながら社会へ奉仕するのです。