カテゴリー: ローン返済方法 (page 1 of 1)

未成年がお金を借りるときには親の同意が必要

未成年がお金を借りる行為は法律で禁止されているわけではないため、
実は合法であることがわかります。

しかしお金を借りる場合には、親権者の同意が必要であり、同意を得て
はじめて自分名義のローン契約が認められると言うことです。

このようなことから金融機関からお金を借りる場合には、基本的に親の
サイン、印鑑のある同意書等を提出する必要があります。

成人と比べた場合には、取引の経験もそれまでに多くはなく、知識も浅い
です。判断能力が充分ではないと認識されることが理由です。

同意書等を提出する必要

しかし未成年であっても親の手を離れている場合には、
例外として大人と同じような扱いをしてもらえる可能性が
高いです。

つまりは婚姻している場合であり、これが成人として認められたるため、自分の名義で借りられます。

また親の会社を継いでいる場合にも、民法上では社会人と
同等の扱いになることでしょう。

成人と比べてお金を借りるのが難しいのはなぜなのかと言うと、取り消しにより守られているからと言えるでしょう。

独断で行ったローンの契約は取消権が有親の意思で無効にすることができるのです。ローン契約が無効になるとお金の返済義務もなくなり、貸付側は損をしています。このリスクを回避するために対象にしていない金融機関が多いと言うことです。

親の同意書が入らない学生ローンを利用しよう

学生ローンについて

合法でなおかつ安全な方法でお金を借りるとなった場合には、学生ローンを利用するのが1番最適な方法と言えるでしょう。

学生ローンは若年層の資金繰りサポートを目的に行っているものであり、学生を対象にして貸付を行っています。

消費者金融や銀行カードローン等と比べた場合には、年齢制限も緩く、学生がお金を借りることも十分に可能です。

さらに1部ですが親の同意もなく借りられるケースもあるため、親にバレずに借りたいと考えている場合には特にぴったりと言えるでしょう。

しかし学生として在学していなければ貸付の対象にはなりません。退学等で学校をやめている場合には難しいと言うことを覚えておきましょう。

そしてもう一つにクレジットカードでお金を借りられるキャッシング枠を利用する方法が挙げられます。クレジットカードは高校卒業すれば発行することができるので、キャッシング枠を利用してお金を借りることが十分に可能です。クレジットカードを発行するとなると、申し込みの際には親の同意が必要になります。

反対に言えばクレジットカードを既に持っていれば親の同意も入らずお金を借りられると言うことになります。コンビニATMにカードを挿入すればすぐにお金を引き出せるので、即日に借りたいと言う場合にも良いでしょう。

すでに会社で働いているのであれば、労働金庫を利用するのも1つです。

資本性劣後ローンの主な特徴

事業資金などでお金借りる時、資本性劣後ローンと呼ばれるものがあることを知っているかどうかで、事業資金を集める方法が大きく異なります。

ローン返済資本性劣後ローンとは日本政策金融公庫や商工中金が主に取り扱っている融資の一つです。

金融機関でお金借りる人を判断するとき、借りたお金なのに自己資金扱いできる融資金を指します。主な特徴となるのは、一定期間返済する必要がなく、金利のみを支払うことです。

また、金利は会社の業績に応じて変動します。さらに会社が倒産した場合には弁済は劣後されるため、他の債権よりも支払うのを後回しでよいということです。

一定期間返済する必要がないとされていますが、まったく返済する必要がないわけではありません。あくまでも金融機関が定めた期間のみ返済する必要がなく、その期間は利子だけを支払うことで支払いをしていることになります。

一般的に10年間を目安としている金融機関が多いです。基本的に資本性と呼ばれるローンの類は、融資ではなく出資と金融機関に判断されるタイプとなります。また、劣後とは倒産したときに支払いを後回しにできるということを示しているローンで、事業資金として利用する上では非常に優秀なローンといえるでしょう。

新型コロナ対策資本性劣後ローンとは?

新型コロナ対策資本性劣後ローン

新型コロナ対策資本性劣後ローンとは、日本政策金融公庫と商工中金が中小企業向けに取り扱っているローンのことです。

特定の条件に該当する事業者は使用可能とされており、事業主にとってお金借りる面だけではなく、返済面でも非常に有能なローンとなっています。

通常融資との相違点となるのは、金融機関が定めた一定の期間は融資ではなく出資金として取り扱われることや、利率がとても低いことです。利率がほかの融資よりも非常に低く、お金借りる時から数えて3年間は一律0.5パーセントで、その後黒字の場合は2.6や2.9パーセントなどの金利に変わります。赤字の場合は0.5パーセントのままです。

中小企業の事業主にとってとてもありがたいことに、無担保・無保証金でお金借りることができること、5年を超えると手数料ゼロで一括償還することが可能であることなどもポイントとなります。

ただし、利用する5年間は借りた資金全てが資本金とみなされますが、返済まで5年を切ってからは1年ごとに20パーセントずつ資本金ではなく融資とみなされることは注意が必要です。

事業主にはお金借りる時の強い味方ですが、使い方を正確に理解してから申し込むことが重要となります。