カテゴリー: お金を借りるコツ (page 1 of 1)

2022ベスト借金手法:先払いと後回収を減少させること

事業の資金が不足してくると、融資を受けたいと考える人が多いでしょう。しかし、お金を借りる前に行える対策はいろいろと存在します。そのなかでも特に有効なのは先払い、後回収を減らすことです。

お金を回す業種や扱っている商品などによって異なりますが、たいていのビジネスは先払いと後回収によって成立しています。これは回収する前に支払いを済ませるという構造であり、実質的に売上が手元にない状態をつくってしまいます。

つまり、帳簿上はプラスになっていても、すぐ使える資金に関してマイナスになっているのです。その結果、お金を借りることになり、それが習慣化することで負債が膨らんでいきます。これでは資金繰りが良くなるはずもなく、別の方法に切り替えることが不可欠です。

お金を借りることを諦めても、先払いと後回収を減らすだけで手元に資金が残りやすくなります。もちろん取引先の要望も考慮する必要があるため、自分の独断では決められない場合もあるでしょう。取引先に事情を話したうえで了承してもらうことも重要な条件になります。資金繰りに困っている取引先の場合、受け入れてもらえない可能性もありますが、融資を検討するのはそれが分かってからでも遅くありません。

取引の停止も有効な施策

お金を借りること以外の資金繰り改善の施策として取引停止が挙げられます。そう言われると、収入が一気に減ってしまい、さらに苦しい状況になるような印象を受けやすいです。取引停止

しかし、運転資金に着目するとそのイメージは変わります。最も重要なのは、取引の金額に取引の回数を乗じることにより運転資金が決まることです。

この期間とは支払いや回収にかかる日数を指しています。

たとえば、回収までに2カ月を要するなら、売上原価の倍に相当するお金が先に支払われているということです。この間は資金がショートしやすくなるので注意しなければなりません。

しかし、最終的に利益を得られるなら、取引は継続すべきと考える事業主も多いです。お金を借りるという選択をしてでも、その方針を貫く傾向が見受けられます。

とはいえ、本当に資金繰り改善を望むなら、必ずしも賢い選択とはいえません。取引を停止するだけで、支払っていた金額が手元に残るようになる点を重視しましょう。

上記の期間が長いほど、その恩恵は大きくなりますし、お金を借りることも考えなくて済みます。現状の取引先の祖利率を明確にしたうえで、取引を続ける基準を設けて停止の判断をすることが大事です。

お金を借りやすくしてくれる制度もある

生活困窮者や開業する企業のための公的な制度融資

生活に困窮している人にとって、お金借りるということは生きるために必要な選択肢の1つになります。
そんな時に頼れる制度が公的融資制度です。
管轄は厚生労働省や財務省のため、国からお金借りるということになります。

生活困窮者の生活を助ける目的で作られた制度で、無利子または超低金利での借り入れが可能というメリットがあるのです。
さらに、この制度の最大の強みは、銀行などの民間金融機関で融資を断られてしまったような人でも審査に通ること。貸付可能な条件は生活困窮者に留まらず、低所得者や年金受給者、失業者などを幅広く救う制度です。

また、個人のみならず、事業資金の調達をしたい経営者や事業主にもこの制度は適応されます。
財務省所管の金融機関、日本政策金融金庫では、事業資金を低金利で借りられるのです。
中でも新創業融資制度であれば、無担保でお金借りることも可能。

しかし万が一、条件を満たさず審査に通らなかったり融資金が足りない場合も大丈夫です。
自治体の開業資金融資制度があります。

地域発展のために新しい企業を支援することが目的なので、より審査に通りやすいことが魅力です。
金利や限度額は自治体によりますが、いずれも低金利で開業資金を借りることができます。

企業の運営が厳しくなった時に頼れる救済措置

日本政策金融金庫は国が100パーセント出資、運営している公的な金融機関です。
特に、起業に伴う開業のお金借りることに特化しています。

開業資金の融資はリスクが高いため、民間金融機関では融資が難しいのです。
その代わりに国が新しく開業したい企業に融資することで、国内の起業を増やして雇用の創出を促しています。
それでは、すでにある企業の経営が厳しくなった時の融資はどうなのでしょうか。
もちろん救済措置はあり、特に中小企業や個人事業主向けの融資支援については、株式会社商工組合中央金庫(商工中金)が担っています。

商工中金は株式会社とありますが、中小企業団体との共同出資で設立された金融機関です。
政府系の金融機関なので、政策に応じた融資を行っていることが特徴になります。

コロナ禍のような国内情勢では、政策に合わせた特別な条件でお金借りることができるため、低金利の融資も可能です。
また、政府による支援が受けられることもメリットでしょう。

社会情勢に伴う経営状況を示すことで、好条件の融資を受けることも期待できます。

お金借りるためには、組合への加入が必須条件です。
しかし、融資の申し込み後の組合加入もできるため、その敷居は高くはありません。
危機対応の貸し出し制度は、突然の経営不振にも対応できる救済措置です。いざという時に頼れる制度を知っておきましょう。