月: 2021年12月 (page 1 of 1)

メタボ健診の義務化やストレスチェックなど、従業員の健康への配慮が融資に直結する?

企業の健康管理経営は融資条件にも関わります

お金がたくさんあった方がいい

健康面の管理は今や個人のみならず、企業の課題でもあります。
なぜなら、従業員の健康配慮の取り組み次第で、優良企業であると評価されるのです。

そして、その評価がお金借りる際の融資条件に勘定されます。評価の基準は、日本政策投資銀行が実施する健康管理経営の格付け。
健康スクリーニングによって企業の健康配慮への取り組みをランク付けをします。

もし取り組みが認められれば、「特に優れている」、「優れている」、「十分」の3段階のランクに分けられ、それぞれに応じた優遇でお金借りることができるのです。

また、経済産業省が従業員の健康配慮を実施している企業に対して、「健康経営認定企業」を認定しています。
これに認定されると専用のロゴマークの使用が可能となり、金融機関や取引先企業などから社会的な評価を受けられるのです。

さらに、経済産業省と東京証券取引所が共同し、「健康経営銘柄」を選定しています。
従業員の健康面の管理に積極的に取り組んでいる企業を公表することで、優良企業が株式市場で正当な評価を得られるための取り組みです。
従業員の健康面の管理に力を入れて取り組むことで、お金借りる際の優遇に留まらず、企業としての社会的なイメージも向上します。

従業員の健康面に配慮することのメリット

お金を借りる為には審査

優良企業として、お金借りる際の優遇を期待できる嬉しい健康経営。
たとえば、メタボ健診(特定健診)です。働く世代にも多い生活習慣病は、時に命を脅かしたり、生活に支障が出る病態を引き起こすこともあります。

毎年の健診でリスクを早期発見し、必要に応じて生活習慣の指導を実施することで予防することできるのです。
次にストレスチェックですが、大切な従業員を守るためにメンタル状態の確認やケアが企業に求められています。

ストレスの原因や改善できるポイントをアセスメントし、職場環境や人間関係をはじめとする労働環境を改善していきましょう。
そうすることで従業員の働きやすさに繋がり、組織力や作業効率の良い変化が表れてきます。

つまり、従業員一人ひとりの健康に目を向けることが、生産性向上を目指す経営に繋がるのです。
もちろん企業のさらなる発展のために、優良企業としての融資条件でお金借りることも最大のメリット。

しかし、結果としてお金借りるためだけに留まらない大きな企業的メリットを得ることができるのです。
従業員の健康面への配慮が重要視されている現代。従業員が病気で働けなくなったり、メンタル不調で長い休職に追い込まれたりすることも十分に考えられます。従業員あっての企業です。
必要な戦力を守るため、従業員の健康の維持、増進は忘れてはならない視点なのです。

信用保証協会でお金を借りる

債務を保証してもらえる協会

中小企業には大企業よりもお金を借りることが難しい場合がありますが、そのような時に利用できるのが信用保証協会です。

この協会の制度を利用することで、通常の場合よりも中小企業がお金を借りるのが容易になることがあります。
この協会の制度を利用してお金を借りるためには、制度の仕組みを知っておく必要があります。
注意しなければいけないのは、信用保証協会から直接、事業資金を借りるわけではないことです。

中小企業は自社の持つ債務保証をしてもらうことにより、事業資金が借りやすくなります。
中小企業が金融機関から資金を借りることが難しいのは、経営のリスクが高いために、返済可能性という点で問題があるからですが、債務を保証してもらうことで金融機関もお金を貸しやすくなるため、事業者も資金の確保が容易になります。

信用保証協会の制度を利用してお金を借りた事業者が、倒産などのために金融機関から借り入れたお金が支払えなくなった場合には、事業者の債務を保証した協会が代わりに支払いをしてくれる仕組みです。
貸し出した相手が倒産をした場合でも融資したお金を代わりに支払ってもらえるために、金融機関も安心して貸し出しができるようになっています。

 

お金を借りやすくなる制度

本性をあらわす

信用保証協会の制度を利用して金融機関からお金を借りることには、さまざまなメリットがあります。その中でも事業をおこなっている中小企業にとって特に有利なのが、金融機関から融資をしてもらえる上限が増やせることです。

協会の保証がなくてもある程度お金を借りることができる中小企業の場合には、保証なしの融資と保証がついている融資の両方を利用することができます。
融資してもらえる資金が増えることにより、事業の安定した経営に役立ちます。中小企業のさまざまな要望に合った保証をしてもらうことも、信用保証協会の保証制度を利用してお金を借りることのメリットです。

流動資産担保融資保証制度や小口零細企業保証制度などの他に、経営力強化保証制度を利用することもできます。
通常の借り入れと比較して長期間の借り入れができることも中小企業にとっては利点となっていて、市中の金融機関でおこなっている事業資金の貸し付けは返済期間が長期でない場合もあるので、長い期間にわたって事業資金が必要な企業にとっては利用しやすい制度です。

必要となる連帯保証人の数が少ないことも利点になっていて、原則として法人の代表者以外の連帯保証人を用意する必要はありません。

お金の借りる先 商工中金と日本政策金融公庫のデメリットであるの?

商工中金は指定団体の加盟の経費がかかります

お金を借りるところ商工中金とは商工組合中央金庫のことで、融資のみならず預金の受け入れや債券の発行など幅広い総合金融サービスを行っています。
株式会社商工組合中央金庫法という法律により規定されており、個人事業主から大規模の企業までお金を借りることが可能です。
融資の際は低く設定された利息で、負担の少ない返済ができます。
特に危機対応の貸出制度があり、地震や台風などの災害によって経営が苦しくなった企業に融資をする制度があるのが特色です。

返済期間も猶予期間が設けられているので、お金を借りることに心理的負担を感じる経営者でも融資を受けやすい機関と言えます。
デメリットは中小企業等協同組合などの、商工中金が株主になっている指定団体に加入している企業しか融資を受けられないことです。

これらの団体への加入は簡単ですが、会費がかかるためお金を借りるためだけに指定団体に加入するのはお得ではありません。
銀行間ではインターネットを介すれば無料になる場合もある振込手数料が、金額や回数にかかわらず有料なのもデメリットです。
税金未納や赤字決算があると審査が通りにくく、低金利ではありますが審査が厳しいためお金を借りることができないこともあります。

日本政策金融公庫は審査に時間がかかります

日本政策金融公庫は株式会社日本政策金融公庫法に基づいて設立された、財務省所管の特殊会社です。
銀行など通常の金融機関の支援が届かない部分を補ってくれる中小企業の強い味方であり、日本公庫の略称で親しまれています。

お金を借りる際に銀行や信用金庫よりも手続きにかかる工数が少なく、無担保及び無保証の融資制度があるのがメリットです。
特に新創業融資制度によって創業初期でも申し込みやすく審査が通りやすいので、起業したい経営者ならぜひ利用したい日本の政策金融機関と言えます。

やりがい

デメリットはお金を借りる際に中小企業事業の場合は繰り上げ返済ができないため、早期完済できるのにさせてもらえないことです。
審査期間も長めで、お金を借りることができるまで1か月程度かかります。

支店と担当者も選べないため日本公庫に人脈のある経営者でもその人脈が活かせず、過去に日本公庫に良い実績を積んでいたとしてもそれを審査の利点にできないことです。
融資を申し込む際にはどんな金融機関も担当者から事業計画や返済計画を聞かれますが、人間にはどうしても相性というものがあり、馬の合わない担当者に当たると不備がなくても不利になってしまいます。

民間の金融機関から資金を借入れる場合機関によって借りれる難易度が異なる?

融資を受けることができる機関

中小企業や事業者にとって資金の確保は死活問題です。
借り入れ先として考えられるのは日本政策金融公庫などの公的機関の他、銀行、商工組合中央金庫などでしょう。
いずれもお金借りるまでに審査を経なければいけませんし、条件が合致しなければ申し込めない可能性もあります。

駅のホームお金借りる場所として一般的に知られている銀行なら、メガバングvs銀行で考えて見るのも良いでしょう。
誰もが知っているような大手の銀行のほうが安心感がある一方で、地域密着型の地方銀行などは親身に話を聞いてくれる可能性や、難易度が低い可能性があります。

また、銀行や公庫には創業支援として利用できる融資制度が用意されています。上手に利用することで、事業の創業時に必要な資金を用意することができるのが魅力です。
創業融資の多くは低い金利を設定しており、返済期間も長期間を選ぶことができます。

会社の設立を目指す事業者を応援する創業支援融資を利用することで、初期の成長スピードが変化します。自己資金だけでは数ヶ月程度で破綻してしまう会社であっても、融資を受けることにより安定した経営を行うことが可能です。
ただし機関や制度によってお金借りる難易度は高くなります。

信用を得るための準備をしよう

お金借りる相手のことを考えた場合、信用がいかに大事か判るのではないでしょうか。何の計画もない相手にお金を貸しても帰ってこないかもしれませんし、そもそも口では創業すると言っていても何もせずに逃げてしまう可能性すらあります。

ビル機関に信用してもらい融資を引き出すためには、創業計画書・資金繰り表などが必須です。まだ創業していない会社であっても創業計画書・資金繰り表があれば売上の予測を建てることができます。
まずは各機関に提出するお金借りるための創業計画書・資金繰り表などを作成することが大切です。

創業計画書で事業への熱い気持ちや現実を見据えた計画を示し、資金繰り表では定期的な返済が可能であることを提示しましょう。
それでもお金借りる機関によっては成功の難易度は高くなります。
すでに事業を開始している場合には、実績のある機関に融資を頼むのが良いでしょう。何の実績もない状態よりは成功率が高くなります。

また、創業時はよほど強い背景がないと銀行からの融資は難しいのが通例です。この場合は公的な機関である日本政策金融公庫がサポートしてくれます。新規開業資金なども用意されており、条件を満たせば利用することができます。

お金を借りるなら起業前が一番資金を調達しやすい

斬新なアイデアがある時にしたい事!

起業家にとってアイディアは非常に重要です。それがそれぞれの会社として持ち味になることも有れば、稼ぎ頭となることもあるからです。

その斬新なアイデアに基づいて何か行動を起こしていくとなれば、資金も必然的に必要となります。その資金をいかに調達するかということになりますが、企業前の方が実は調達しやすいという考えも一理あります。

税理士など専門家の声を参考にしてみますと、企業前でも企業後でもお金借りるということにおいてはそこまで変わらないという声も有りますが実際にはお金借りる際には企業前の方がメリットが大きいです。

計画の重要性

pescxml.org

それは何かというと、開業して6か月後になりますと実績が関係してくるためです。斬新なアイデアがあり、それを形にする時にはお金借りるということも必要になりますしまず試してみたいという時には、実績が出てくるまでには時間もかかります。

そのため最初の段階でお金借りるという方法をとる方が、調達しやすいということにもつながるでしょう。そういったノウハウも有りますし、公的資金の場合は自己資金や事業経験、そして創業計画書の精度によっても融資額が変わりますので借りるタイミングを考える事も重要です。

自己資金に比例して借入上限額が決まる!

お金借りる際には、起業家の方はタイミングも考えていかなければなりません。開業をしてから6ヶ月以降になりますと、それぞれの会社の実績も考慮されていくことになりますし、自己資金に比例して借入上限額が決まっていきます。日常を忘れて

出来るだけお金借りる事を考えたときには、もしかしたら6ヶ月経つ前に借りる方法を取ったほうが額が大きくなることも想定されます。とりわけアイディアが斬新であればあるほどリスクも伴いますし、それが必ずしも実績につながるとは限りません。

ですから早い段階で借入することも考慮していくことが必要となるでしょう。

創業融資が受けやすいと言われている理由には、日本政府が創業を支援しているからというのも挙げられています。
少子高齢化が進んでいる状態ですし、中小企業のトップも20年以内で次々に引退していく事が想定されます。

日本の中小企業がつぶれてしまうことは、日本の経済全体にも影響が出てくることになります。
創業支援を行う事が出来れば新しい芽を作ることが出来るということになるでしょう。

創業時に資金がない企業は存続率も低くなりますので、民間金融よりも設定を下げて借りられるようなシステムも有ります。