急な出費に悩む

消費者金融などで借りたお金を延滞中ではあるものの、急な出費が必要になって新しく借りなければいけないと頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

このような場合にはお金を借りれる?と、困っている人もいるかもしれません。

借入の候補としてはやはり消費者金融などが有力になります。他にも銀行やクレジットカード会社などがありますが、それぞれ借入の基準は会社ごとに異なり、一律ではありません。

中小規模の消費者金融の場合、延滞の履歴があっても借りられる可能性は十分に考えられます。大手の消費者金融やクレジットカード会社で返済遅れなどの事故を起こした履歴があっても、現在は働いていることや定期的な収入があることを条件に借入の相談ができます。

いわゆる審査が甘い消費者金融でお金を貸してもらうポイントは、きちんとした返済計画を立てることでしょう。

借りたからには返済が必要になり、信頼度を証明するためにも定期的な収入などを見てもらうことが大切です。

なお、3ヶ月以上の遅延や申し込み不可、債務整理などの経験があっても経過年数によっては相談の受付ができます。

一方で現在も延滞が続いている最中の場合には、残念ながら借入ができる可能性は低くなります。

10万円のお金を借りるならば消費者金融を選ぼう

今すぐ10万円を借りたいとなった場合に一番良い方法としては、1000円から利用できる小額の小口融資に対応したカードローンと言えるでしょう。

カードローンは比較的借りやすいことに重きを置いた金融商品なので、1000円から1万円単位で借り入れ金額を自由に決めることが可能です。

しかしカードローンは金融機関ごとに即日融資や低金利などのサービスが違うので、自分の希望に合わせて商品を選ぶ必要があります。

特に即日融資に対応する消費者金融であれば、その日のうちに10万円のお金を借りることも可能です。ウェブ完結に対応していることから、店頭窓口、契約機などに出向く必要もなく、スマートフォン1つで10万円を借りることができるのです。

借りたお金は自分の銀行口座に振り込んでもらえる以外にも、コンビニATMで引き出すことも可能です。非常に利便性が高いことがわかります。

スマホ決済

またスマホ専用キャッシングサービスと呼ばれるものがありますが、これを利用するとスマートフォンを操作するだけでお金を借りることができます。

従来のカードローンとは異なりカードを発行する必要もなく、インターネット上に買って簡単に借入金を振り込んでもらえるのです。

10万円程度の少額融資に対応するスマホ専用キャッシングを利用してみると良いでしょう。