起業で投資を受ける方法

起業をしたい場合には、もちろん起業資金を獲得しておくというような資金調達が欠かせません。

起業資金が足りない場合には、仮に起業をすることができた場合でも、資金のやりくりに苦労をするといった問題が出てきます。
そのような場合を防ぐには、資金を第三者から手に入れる必要性が出てくるでしょう。

例えば、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルというような投資家から資金を手に入れることが考えられます。

エンジェル投資家とは、文字通り起業するのに資金が足りないものに対して投資してくれるありがたい存在だから「天使」という意味を込めています。
ベンチャーキャピタルについては、ベンチャー企業のような新しい事業を始める経営者に対して資金を提供してくれる存在です。

初めてこれらの単語を知った場合には、どちらも似たようなものと思ってもらって構わないでしょう。
銀行から資金を得る場合には、融資といって、最終的に返済をしなければなりませんが、エンジェル投資家とベンチャーキャピタルからの資金調達は、返済をする必要がありません。

そのかわり、起業して安定してきたら投資家も資金提供者として経営参加をすることができるので、企業の方針がそれによって変わっていく可能性も考えられます。

起業前にはそれを援助する存在がいる

起業前には、どういう風に起業したいのかということやこの方向性で本当に利益を得ることができるかということで悩んだりすることもあるかも知れません。
ビル資金調達をすることを前提にしていても、投資家から納得してもらうための経営方針などが必要になります。
その場合には、シードアクセラレーターからの資金調達を考慮に入れる方法があります。
その前にアクセラレーターについて知っておく必要があります。

アクセラレーターとは、政府や企業さらに地方公共団体などの支援のことを指します。
企業や地方公共団体でも、開発を別のルートで進めていきたいが、リスクがあるのでメインではやりにくいという現実があります。

しかし、アクセラレーターとして、起業を考えている経営者に対してノウハウを教えながら、起業家とアクセラレーターの開発がマッチすることも十分に考えられます。
その場合には、サイドビジネスとして両者にとって利点が出てきます。ノウハウもありますが、起業家とコラボするということで、アクセラレーター側からの資金調達も十分に期待できます。

アクセラレーターでも、起業前に特化したものをシードアクセラレーターと呼んでいます。もちろん起業直後の支援もあるので、資金調達以外でも心強い存在と言えるでしょう。