盛り上がる二次会を開いて景品を用意する時には、
必需品とも言える物があります。

絶対にこれではなければならない、と言う物は
ないものですが、ある程度豪華な物を用意して
おかないと、まったく魅力的に見えず二次会が
盛り上がらなくなってしまう恐れがあります。

 

結婚式二次会やビンゴ景品といえば何で選ぶ?

会社では年末や新年に必ずといってよいほど忘年会や新年会を開催して一年を顧みます。

一年で一番盛り上がるのが忘年会であり、福利厚生の大切な場ですが、
それだけ盛り上がるのであれば、ただ飲み会をするだけではなく、
いつもと違うイベントや景品を用意するなどして社員を楽しませる
というのも会社として大切なことです。

景品とは言っても何の脈絡もない物を送るのはただのプレゼントであり、
ひねりがありません。

せっかくの会社イベントですから、会社にちなんだオリジナルの景品
作って渡すのもよいのではないでしょうか。

会社の広告にしているような販売促進物を送るのでは喜ばれませんが、
会社のロゴやイメージキャラクターを入れた実用的な物であれば、
家でも便利に使う事が出来て福利厚生として喜ばれるでしょう。

忘年会という1年に一度のイベントで、重要な役割である幹事を
任されて困っているという人にとってもこういったオリジナル品作成の
サービスが助けになります。

甘いもの

二次会の景品で用意しておきたい必需品の中で豪華な物としては、
お出掛け関係のチケット類です。

これは、有名で人気のある遊園地のペアパスポートや旅行券など、
15,000円から30,000円ぐらいの金額の物の中から選ぶと丁度良いでしょう。

次に、高価とまではいかないまでも、それなりに見栄えする派手な物として、
食べ物の景品があります。

北海道産のいくらや国産うなぎのかば焼きなど、産地にこだわった食べ物が
1点か2点あるだけでも全体の印象は良くなりますから、必需品だと
言えるでしょう。

なお、参加者に女性が多い場合には食べ物の中でも、アイスやチョコレート、
ロールケーキなどの甘い物を入れておくと、雰囲気が良くなるものです。

なお、こういった食べ物だと、2,000円台から6,000円台ぐらいが多く、
予算の調整もしやすくて便利です。